藤崎八旛宮

藤崎八旛宮からのご案内

  • 平成29年   8/7 【 飾馬 奉納順位 】 本年の奉納順位が決定致しましたのでお知らせ致します。
  • 平成29年  7/10 【 例祭 日程について 】 9月に斎行されます当宮例祭に関しまして、大筋の日程が編成されましたのでお知らせ致します。この件につきましては、今後開催されます役員会・総代会・祭典委員会による決議によってのみ効力を有することをあらかじめご承知おき下さい。
  • 平成29年  7/1 【 安産祈願 戌の日カレンダー 】 7月〜12月を掲載致します。当宮三ノ宮の神功皇后さまは、特に、子授け・安産・子育ての霊験あらたかな神様ですので、どうぞご参拝下さい。
  • 平成29年  4/28 本年の【例大祭神幸式】(随兵行列・飾馬奉納)につきましては、9月17日(日)に斎行予定ですのでお知らせ致します。
  • 平成29年 4/12 春の大祭【藤祭り】が13日〜15日まで行われます。15日午前11時半からは能楽師によります【仕舞奉納】もございますので是非ご覧下さい。また、14日で熊本地震から一年が経ちます。当宮でも、15日藤祭り当日祭に併せ復興祈願祭を斎行致します。みなさまにおかれましても、犠牲になられた方々へ黙祷を捧げ、今なお苦しい生活をおくられている方々の心に寄り添い早期復興を祈りましょう。
  • 平成29年  1/23 今年も節分の日が近付いてまいりました。当宮では珍しい参加型のお祭りですのでどうぞお揃いでお越し下さい。詳しくは、こちらをクリックして下さい。
  • 平成28年  6/26    ◆◆◆ 【 例大祭 神幸式・奉納行事について 】 例年9月に行われます神幸式や奉納行事【 御能・献茶祭・日本舞踊・神楽奉納・新町獅子・新町町鉾・飾馬 】につきましては、4月に起きました熊本地震の影響も考慮し、幾度となく協議を行ってまいりました。その結果、今月行われました責任役員会・臨時総代会を経まして、当宮としましては、9月18日(日)例年通り神幸式・奉納行事を行う予定と決議致しました。元来神社のお祭りというものは、自然への畏敬、そこから生まれる自然への感謝、また、先祖への感謝、国家や地域の安寧、国民の平和に繋がる五穀の豊穣などを祈るものとして存在し続けてきました。本年は、特に、震災で被災された方々の心の慰め、そして熊本・大分の早期復興を祈る特別な例大祭となります。然しながら神幸式の道筋でも多数被災されておられる状況もあり、今後は斎行に向けて警察を始め関係諸団体と協議を進めて行くこととなります。今なお支援の手を差しのべて下さる海外の方々、他県のみなさまに向けても、傷を負った熊本が半歩ずつでも前に進んでいるとの示しになればとの念いも併せ持った例大祭となります。どうか、奉納に参加される方々はむろんのこと、沿道で八幡神にお参りなさる方々も、被災された方々の一刻もはやい心の安寧と復興を共にお祈りし、これからも、被災なさっている方々の心に寄り添っていきましょう。
  • 平成28年  4/28 ◇◇◇【 建物調査結果 】 本日専門家によります建物調査を実施致しました。その結果、祈祷を行う拝殿、及び、南北拝殿、また、楼門につきましても安全が確認できました。つきましては、明日4月29日午前9時より御祈祷を再開致しますのでお知らせ致します。尚、新たに、車椅子で昇殿できるスロープを設置致しましたので併せてお知らせ致します。
  • 平成28年  4/25 ◇◇◇【 熊本地震について 】4月14日、及び16日の地震により被災を受けた方々にお見舞い申し上げますと共に、犠牲になられた方々に心より哀悼の意を表します。当宮におきましても、参道の灯籠、境内の鳥居などの倒壊がありましたが、現在は車も通行できる状態になっております。しかしながら、楼門・拝殿については今後の余震に耐えうるか未だ確認が取れておりませんので、現在、御祈祷や結婚式は休止しております。この件につきましては、今月28日、専門家による建物調査を実施し今後の使用について判断を致します。尚、楼門は閉じておりますが、側面の小門から中に入れますのでお参りの方はそちらから中にお入り下さい。拝殿に上がり祈りを捧げたいという方が沢山いらっしゃいますが、命の危険に関わることですので、点検・確認が終わりますまで暫くお待ちいただきますようお願い申し上げます。
  • 平成28年 3/1 ―――東日本大震災発生から5年が経ちます。当宮では、当日福島県産の果物等をお供えし復興祈願祭を斎行致します。みなさまも、3月11日午後2時46分、哀悼の意と、早期復興の願いをこめ、東北に向け黙祷を捧げましょう。
  • 平成27年    10/14 ◇◇◇ 境内の摂社・末社案内板について ◇◇◇ 当宮では通常 本殿外に御鎮座なさっている御祭神それぞれについて由緒書きの案内板を設置しているのですが、8月25日に上陸した台風の影響でその一部に破損がでております。どのような神様がお祭りされ、どのような由緒がお知りになりたい方はこちらをクリックして下さい。
  • 平成27年 3/7 ◇◇◇【東日本大震災 黙とうに関する件】◇◇◇3月11日に、未曽有の大震災から4年が経過致します。当日、日本国政府につきましては、天皇皇后両陛下御臨席のもと国立劇場に於いて『東日本大震災4周年追悼式】が執り行われます。皆様におかれましても、この震災により犠牲となられた全ての方々に対し哀悼の意を表し、【午後2時46分】東北に向け黙とうを捧げでいただきますようお願い申し上げます。
  • 平成26年 7/18 ◇◇◇7月11〜9月28日までの間、熊本県立美術館において、【藤崎八旛宮の歴史と明宝】企画展示が行われております。日頃公には出る事の無い貴重な神宝が展示してありますので、この機会に是非ご覧下さい。
  • 平成26年 3/10 ―――甚大な被害をもたらした東日本大震災発生から、今年で3年が経ちます。内閣府では、国立劇場において追悼式が行なわれます。当宮におきましても、福島県産の野菜等をお供えし、復興祈願祭を斎行致します。みなさまも、3月11日午後2時46分、哀悼の意と、早期復興の願いをこめ、東北に向け黙祷を捧げましょう。
  • 平成25年     11/06 ◇◇◇天皇・皇后両陛下 幣饌料御供進奉告祭◇◇◇ この度の両陛下の行幸啓に際しまして、旧官幣社、国幣社(県内五社―阿蘇神社・八代宮・藤崎八旛宮・菊池神社・護国神社)に対しまして、天皇皇后両陛下より、畏くも、幣饌料を賜りました。当宮おいては、11月1日午前10時より供進奉告祭を齋行し、皇室の弥栄、また、国家・国民の平安を、宮司以下神職により、謹んで御祈念申し上げましたので、ここにお知らせ致します。
  • 平成25年     10/25 ◇◇◇天皇皇后両陛下 行幸啓 提灯奉迎の御案内◇◇◇ この度、天皇、皇后両陛下におかれましては、「第33回全国豊かな海づくり大会」ご臨席のため、26〜28日の日程で、14年ぶりに熊本県をご訪問あそばされます。天皇、皇后両陛下を、みなでお迎え致すために、26日午後6時半〜7時半、熊本城内で提灯奉迎を実施致します。先着5千人まで提灯を配布致しますので、みなさんお揃いで御参集下さい。
  • 平成25年   10/07 ◇◇◇10月2日、伊勢の神宮内宮において、また、5日には外宮において、【遷御の儀】が斎行されました。2日の遷御の際(午後8時)には、天皇陛下はもとより、ほぼ全国の神社から神宮に向けて『遥拝式』が厳粛に行なわれました。行く先の、国家安寧・皇室の弥栄・そして、国民の皆様の幸福を心より祈念致しますと共に、8年前から始められたこの遷宮の諸祭儀にたいしまして、当宮を通じて、神宮にまごころの御奉賛をいただきました全ての方々に、心より感謝申し上げます。
  • 24年3/11 ――――未曾有の大災害である東日本大震災の発生から1年が経過致しました。当宮でも、復興祈願祭に先立ち、午後2時46分、震災で犠牲となられました方々に衷心より哀悼の意を表し、また、東北の早期復興を心よりお祈りし黙祷を捧げます。皆様も夫々の想いを込め、東日本に向けてお祈りし黙祷を捧げましょう。
  • 20年 5/6 ――――この度当宮は、全国数万社あります八幡宮の中でも特に10社に選定され、今上陛下より御幣帛を賜り、去る4月1日、100年に1度の式年大祭を斎行し、記念事業として第1期【向拝・拝殿の塗装、修復工事】を実施致しております。3000万円を目標額と致しまして奉賛活動を実施しておりますので、皆様の御奉賛、ご協力をお願い申し上げます。